カテゴリー別アーカイブ: 未分類

看護師の仕事と子育ての両立について

看護師の仕事と子育ての両立のためには、職場の環境と福利厚生の充実が重要です。満足のいく働き方ができるかにはたくさんの壁があります。それをクリアできないと両立はとても困難になります。
 
1. 妊娠について寛容的な職場か
例えば同じ病棟で何人も妊婦がいたとしたらどうでしょう。業務がとても大変になります。家族計画を上司に伝え、妊娠しやすい環境を整えることや、場合によっては配置換えを検討してもらうことも必要かもしれません。妊娠後の働き方にも注意が必要です。

働きすぎて切迫流産や切迫早産になってしまったという話もよく聞きます。無理なく働けそうか、また自分自身が無理をしないということも大切です。つらいときには医師に診断書を書いてもらい休むことも必要です。その際には傷病手当をもらうことができます。そういった手続きについても予め知っておくとよいでしょう。ここは看護師求人サイトのコンサルタントが情報をかなり持っています。

サイトがいくつもあって迷うと思いますが、看護師求人サイトの口コミをよく調べて登録してみると良いでしょう。

2. 育児休暇制度があるか
 多くの病院は育児休暇制度があっても条件があります。たとえば1年は勤続していなければならないなどの条件があります。職場の制度を確認しましょう。また、育児休暇をとれる期間も重要です。多くの病院は1年ですが、3年とれる病院もあります。万が一条件に合わず育児休暇を取らない場合、産前産後休暇後=出産後8週間で復帰となります。無理なく働ける環境であるか確認をしましょう。時短制度が利用できるか、残業は減らしてもらえるかなど、上司にはもちろんですが、経験者の先輩に話を聞くことも重要です。

3.託児所はあるか、近隣の保育園は入れるのか
 復帰後に子どもを預ける場所の確保は重要です。託児所があったとしても定員オーバーになっていないかや何時まで預かってもらえるのか、土日も預かってもらえるのかなど情報収集をしましょう。託児所がなく保育園にいれる場合は地域の保育園の情報収集をしましょう。

4. 復帰後の働き方について
育児休暇を終え復帰しても、はじめは親子ともに慣れずへとへとになります。ずっと一緒にすごしてきたわが子と数時間でも離れるのはとてもつらいものがあります。子どももたくさん泣いて疲れているでしょう。夜泣きも増えることがあります。親のほうも久しぶりの勤務で業務を思い出してこなすのに精一杯です。そんな中ですぐに交代勤務をするのは体力的にも精神的にもつらい場合があります。委員会業務なども負担になります。復帰前に上司と面談する機会がきっとあるので、その際に不安な点や希望する働き方についてしっかりと話し合っておく必要があります。出産後は夜勤はやらずに日勤だけにしてもらったり、今までいた部署では希望が通らないため配置換えになり病棟勤務から外来勤務に変わったりと、働きやすい環境を整えることは大切です。子どもが3歳になるまでは時短勤務(1日6時間勤務)という選択もあります。職場の制度を確認しましょう。

5. 復帰してから
 職場復帰してからは、いかに効率よく仕事をし残業を減らすかということや、周りのスタッフとの人間関係を円滑にしておき、子どもが熱を出したなどの急な場面での協力を得られるかといったことが重要になってきます。こだわりたくとも割り切らないといけない場面もでてくるでしょう。看護師の仕事はとてもやりがいがあり、患者さんのためと思って頑張ろうとするとどこまででも頑張れてしまうという、いい意味での曖昧さがあります。例えば、ゆっくりと話を聞いてあげたいと思うと、業務時間外であっても患者さんと話をするようなこともあるでしょう。しかし、子どもが待っているとなると、残業はしたくありません。時間内で求められている看護をいかに効率的に提供できるかという視点が必要です。自分自身の看護との向き合い方(例えば患者さんとの接し方など)についても改めて考え直し、子育てをしながらもやりがいのある看護を提供できる看護師でありたいですね。

中古査定をする際に高額査定をしてもらうための2つのコツ

誰でも1円でも高く自分の愛車を買取ってもらいたいと思うものです。もちろん、査定額はある程度幅が決まっています。とはいえ、どうすればその幅の中でも高額査定をしてもらえるでしょうか。それにはある種のコツがあります。今日はそのうちの2つのコツについて記したいと思います。
まず1つ目のコツは車をきれいに洗車しておくことです。どうせもう売却するからとか、車は走行距離と年式で査定価格が決まるから、という理由で外見を気にしない人がいますが、それは大きな間違いです。人もそうですが、第一印象は見た目から入ります。もしピカピカにしておくならば、査定する人も印象が良くなります。そして、価格に反映されます。
2つ目のコツは売却のタイミングです。需要が多ければ、価格は上がりますが、その逆に需要がなければ価格は上がりません。同様に、多くの人が中古車を購入する時期もある程度決まっています。例えば、春先などです。これから新生活を始める人の多くが車を購入します。その前に、査定してもらうならば価格も上がりやすくなります。
このように、誰にでもできる簡単なことですが、実は意外とこれが高価買取につながるのです。ぜひ、ご自分の愛車の売却を考えているのならば、実践してみてください。

車の買取をしてもらう時に、可能なだけ査定額をアップさせたいと思うのは自然な事ですよね。しかしいざやろうと思うと方法がわからないという方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。ですからそんな方のためにも、中古車査定で査定額をアップさせるためのコツというものをこれから紹介したいと思います。
まず、査定をするのは人間ですから、車のぱっと見の印象というものなどは非常に大事になります。いくら良い業者に査定をしてもらっても、車自体が汚かったり印象が悪いと、やはり高い査定額というものはつきにくくなってしまいます。
ですから車はきちんと洗車をするように心がけましょう。特にタイヤの汚れや車内の臭いなどは見落としてしまいがちですから、そういったところもきちんと気をつけるようにしてください。
また査定はできるだけ多くの業者にしてもらう事がおすすめです。そして、査定後には交渉をするというのも査定額アップのためのポイントになる事でしょう。交渉なんて恥ずかしいですとか、図々しくないかですとか、そういった事が気になってしまう人も少なくないかと思いますが、結構多くの方が行っている事ですし、成功すれば得をする事ができますから是非とも挑戦してみてください。

看護師1年目、夜勤は寝不足と申し送りでつらかったです。

 看護師になって1年目は、ほんとうに何もかもがつらかったです。仕事上の失敗もたくさんやりましたし、患者さんや家族の人にたいしてもものすごい気を張っていたし。とにかく毎日毎日が失敗と緊張の連続でした。今思い出してみても、最初に1年は何をしていたのかよく覚えていません。覚えているのは失敗したことと、先輩看護師にしかられてばかりいたことです。

 とくに夜勤が怖かったですね。私がいた病棟はわりあい状態が落ち着いている患者さんが多かったんです。だから夜といっても急変があってバタバタしたってことはありませんでした。

 それなら夜勤の何が嫌だったのか。

 眠れないことと、朝の申し送りですね。

 夜勤中はいちおう仮眠時間というものがあります。休憩ですね。しかしその時間に仮眠をとっている看護師ってほとんどいないんじゃないですか。だいたい時間だってぜんぶあわせて60分くらいなものだし、眠れるものではありません。やはり職場だと緊張するんでしょうね。病棟の小さな物音にも敏感に反応します。

 先輩は「休めるときに休んでおきなさいよ」っていってくれますが、先輩がステーションの中で動いている気配がするのに、自分だけ眠れませんよねえ。

 そして朝の申し送り。なるべく簡潔にしようと思うんですが、もたもたしていて、肝心のことを言い忘れる。申し送り中は、先輩からしょっちゅう突っ込まれていました。最後には「あんたの申し送りは時間がかかるのに必要な情報がはいってない」とまで言われて。

 そんなつらい夜勤も次第になれると平気になります。15分の仮眠でパッと目が覚めるようになるまで私は3年かかりましたね。

看護師が転職しやすい時期とその理由について

他の業種に比べて通年でも常に募集のある看護師業界ですが、やはり転職しやすい時期というのがあります。4月やその半年後の9月ごろが一番転職者が新しい勤務先に勤めることが多く、そのために3ヶ月ほど前から転職活動を行うのが良いでしょう。特に採用が集中する4月を目指して年明けから活動する人が多いのですが、できれば忙しい合間を縫ってでも12月など年内から転職活動を始めておくと良い結果が得られやすいです。

それ以外の時期で転職しやすいのがボーナスが支払われた直後の時期です。おそらくほぼ全ての医療機関では年2回のボーナスが支払われるでしょうから、夏と冬の2回チャンスがあるということになります。これはボーナスは在籍している人しか受け取ることができないためで、退職を考えている人はボーナスを受け取るまでを目処にして勤務する人が多いからです。よってボーナス支払いの直後が人手不足になることが多く、この時期の採用が増えるというわけです。

4月は確かに採用数も多いのですが、新卒者が市場に大量に供給される時期でもあるため、転職を考えるならば4月にこだわる必要はないかもしれません。むしろ即戦力という観点ではこのボーナス明けの時期が一番狙い目であるため、こちらに絞って転職時期を考えるのもひとつの手ではあります。どちらにせよ、通常の業務と並行して行わなければならない転職活動では、早めに動くことが大切になってきます。こうした転職しやすい時期を考慮しつつ、効率よく転職活動を進めてください。

転職活動をする暇がない看護師の転職方法とは

ご存知のように看護師のお仕事は多忙です。毎日、楽しく働けている方であれば、忙しくても充実していると答えられますが、そうでない方は疲労だけが蓄積していくはずです。特に、精神的なストレスが大きい方は、心身ともに疲れはてて、仕事のあとは何もする気がしないという状況になっているはずです。

残念なことに、疲れ果てている人ほど転職への意欲が高いといえます。しかし、忙しい業務に加え疲れ果てた肉体のため、転職活動を行うゆとりがありません。こうした方はどのように転職活動をすればよいのでしょうか。

こうした方が落ち着いて転職活動を行うためには、仕事辞めるということが一番の近道かもしれません。しかし、お金の都合などでそうできない方もいるはずです。もし、仕事を辞めることもできず、転職活動をするゆとりもないのであれば、あなたにかわり転職活動をしてくれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

看護師転職サイトを利用すれば、専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。希望する条件を伝えるだけで、条件にマッチした求人を紹介してくれるほか、面接日の設定や、勤務環境の調査なども行ってくれます。さらに、入職条件の交渉なども行ってくれるので、面接での質疑応答以外、ほとんどすることがありません。

以上のサービスを利用すれば、転職活動をする暇がない方でも理想の転職を行えます。看護師として働いていると、肉体的・精神的ゆとりがなくなるので、これらのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

良い条件のお仕事探しは看護師転職サイトへ

ご存知の通り日本は世界でも例を見ない高齢社会に突入しています。この流れは数十年続くと予想されており、これからも高齢者が増え続けると考えられています。そうなると、医療のニーズが高まるわけですが、残念なことに医療の担い手の一人である看護師が不足しています。医療機関としては看護師の配置数により保険点数が変わるので、何としても看護師を確保したいと考えているところがほとんどです。

以上の理由から、各医療機関では多くの看護師を募集しています。常勤・非常勤はもちろん、派遣、夜勤専従など働き方も様々です。人材が不足している業界なので、看護師免許があれば希望する環境で仕事をできる可能性が高いといえます。もし、今の環境に満足できないのであればより良い条件の求人を探してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、数ある求人の中から理想の求人を見つけることは簡単ではありません。条件だけ整っていても、働いてみると思った環境ではなかったということも少なくありません。そこでおすすめしたいのが看護師求人サイトの利用です。多くの求人サイトでは専任のキャリアコンサルタントが看護師の転職をサポートしてくれます。希望する条件を伝えれば、条件にマッチする求人を紹介してくれることはもちろん、実際の勤務環境に関するアドバイスなども行ってくれます。さらには、面接日の設定や具体的な条件交渉まで行ってくれるので、かなり良い条件で仕事を始めることができるでしょう。よりよい環境でお仕事をしたい方は、看護師転職サイトに相談をしてみてはいかがでしょうか。

お仕事をしながら行う看護師の転職活動について

看護師の業務はハードで知られています。高い専門的知識や技術に加え、患者に対する接遇も求められます。さらに、日勤と夜勤があり、人手不足が常態化している医療機関も少なくありません。ここに部署内の人間関係が加わるので心身ともに疲れてしまうという方も少なくありません。

もし、今の職場につかれているのであれば転職を検討してみるのも一つの方法です。厳しい職場環境で働いている方の多くが、どこも同じと考えていますが、実際は異なります。毎日、残業が続く医療機関もあれば、定時には必ず終業できる医療機関もあるのです。マネジメントさえうまく働いていれば、通常は定時に終業できることが多いといえます。

よりよい環境とまではいかなくとも、もう少し働きやすい環境でお仕事がしたいと考えている方であれば転職を検討する価値はあるはずです。とはいえ、毎日忙しい生活を送っている看護師であれば、転職活動を行う暇すらありませんよね。もし、転職をしたいけれどもその時間がないとお考えであれば、看護師転職サイトをご利用になってみてはいかがでしょうか。

多くの看護師転職サイトでは、専門のキャリアコンサルタントが転職をサポートしてくれます。そのため、条件を伝えるだけで希望する求人を紹介してくれたり、実際の働く環境を教えてくれたりします。さらに、面接日の設定や、条件交渉なども本人に代わり行ってくれます。だから忙しい方であっても転職活動が行えるのです。転職を希望する方は、まず相談をしてみてはいかがでしょうか。

クリニックのお仕事と転職時に考えたいことについて

看護師としてお仕事をする目的は様々だと思います。理想の看護像を描き、その目標に近づくため努力する人もいれば、生活の糧として働く人もいるでしょう。どちらが良い、悪いということはありません。それぞれの目的の違いということができます。

お仕事にあまり重きを置かず、プライベートを充実させたい方に人気の職場がクリニックです。もちろん、クリニックで働いている方が適当に仕事をしているという意味ではありません。

クリニックのお仕事は、総じて病院よりも穏やかといわれることが多いでしょう。夜勤がなく、命に係わる事例が少ないのでこのように言われています。そのため、自分のペースで働きたい看護師から人気を集めているのです。

このようにメリットがあるクリニックの勤務ですが、デメリットがあることも認識しておかなくてはなりません。見ることができる症例に限りがあること、緊迫した状況でお仕事ができないこと、などから看護師として積める経験は病院に比べると少なくなります。そのため、看護師としての経験も積みたい方は、病院である程度勤務してからのほうが良いかもしれません。こうした経験を求めていない方は気にしなくても良いでしょう。

以上の点を把握してからクリニックで働きたい方は検討をしてみてはいかがでしょうか。病院での勤務が辛い方にとっては、心身ともに負担が減るかと思います。人気のある職場なので、お仕事を希望する方は看護師転職サイトを利用するとよいでしょう。

結婚後や出産後の看護師の働き方を考えてみる

看護師は性別を問わず活躍できるお仕事として人気を集めています。資格職なので、看護師免許さえあれば女性であっても、年齢を気にせず働くことができます。とはいえ、女性として生きていると様々なライフステージ上のイベントが発生します。看護師として長く働くためにはこうしたイベントと上手に付き合う必要が出てくるかもしれません。

女性ならではのライフイベントとして挙げることができるのが出産です。女性ならではではありませんが、結婚も働く女性にとっては問題になりやすいイベントといえるでしょう。この2つのイベントが発生すると、家庭に縛られお仕事が続けられなくなる可能性があります。たとえば、結婚後は家庭に入ってほしいと希望する男性との結婚、育児によりお仕事に行く時間が無くなるといった場合がこれにあたります。

こうしたときに仕事か家庭かの選択を迫られるわけですが、もしお仕事が好きであればどちらかをとるのではなく、両立の道を選んでみるとよいかもしれません。人材が不足する看護師業界では様々な働き方の採用が行われています。常勤が無理な方は非常勤や派遣などとして自分の都合の良い時だけ働くことができるのです。さらに、ある程度の収入を得ながらゆとりのある時間を作りたい方であれば夜勤専従という選択肢もあります。

以上のことからわかるように、看護師には様々な働き方が用意されています。家庭の都合で常勤が難しくなる方は、調整をしながら働く道を模索してみてはいかがでしょうか。その際は、看護師転職サイトのコンサルタントが相談に乗ってくれるはずです。

新米看護師にとって何よりも怖いのは、先輩ナース。

看護師になって一番つらかった時期は、やはり1年目でしょうね。これは他の方も同じだと思いますが、まずは病院という職場になれるのが精いっぱいでした。やってもやっても仕事が終わらない気がしましたし(私はぐずだったので、余計に時間がかかりました。)、先輩の目が怖かったですね。いや、ホントに怖いわけではないんですが、こっちが自分の手技に自信がないので先輩に常に見られている気がして。まあ1年目の看護師は常にだれかの目にさらされているっていうのも現実なんですけどね。

 1年目になってやってしまった失敗。それは静脈注射を患者さんのきき腕にしてしまったこと。静脈注射は基本的にマヒ側でないほう、さらにきき腕でないほうにやるんです。もう舞い上がっちゃって舞い上がっちゃって、思わず確認もしないで左腕にプチィッと。その瞬間、私の後ろにいた先輩ナースがふっと息を止めるのがわかりました。

 いちおう注射はうまくいって、患者さんのまえではそのまま「休んでくださいね」なんていいながらナースステーションに引き上げたんですが。フォローナースにド叱られました。「あの人は左利きなの。なんでカルテで確認するか、本人に直接確認しないの」って。はあ、まあその通りでして。

 さいわい、液漏れも神経への影響もなかったので叱責はフォローナースどまりで終わりました。それにしても、私が針を刺した瞬間の先輩ナースの圧力はすごかった。背後にぐわっという殺気を感じました。